メイン相談風景

示談や被害者への謝罪でお悩みの方へ 刑事事件に強い弁護士が
示談や謝罪のお悩みを解決

無料相談受付中


24時間365日!全国対応 0120-631-276
全国対応秘密厳守実績多数
スピードと経験と熱意を持って痴漢事件を穏便に解決
弁護士写真

お悩みになる前にまずご連絡ください

刑事事件のお悩みは
アトムの弁護士にお任せください!

悩む人

家族が突然、
刑事事件で
逮捕された…

自分に突然
刑事事件の
容疑
が…

突然の逮捕、
刑事事件で
解雇されたくない…

悩む人

弁護士だけができる
刑事事件で

逮捕
されない

前科
をつけない

解雇
されない

ための活動があります

岡野代表

事事件で警察沙汰になってしまった方も、あきらめないでまずは弁護士に相談してください。

刑事事件は弁護士が被害者の方とスムーズに示談を結ぶことで、逮捕からの早期釈放、不起訴による前科回避、刑事民事まとめた早期解決の可能性が大幅に高まります。

弁護士への相談が早いほど刑事事件がスピーディーに解決し、平穏な生活に戻れるのもそれだけ早くなりますので、今すぐご連絡ください。

無料相談予約をご希望される方はこちら

24時間365日!全国対応!
0120-631-276
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)
弁護士写真
弁護士写真

解決事例とお客様の声

刑事事件は逮捕後
48時間・72時間・23日間が勝負です

刑事事件の逮捕後の流れは、48時間以内に事件を検察官に送致し、そこから24時間以内(逮捕から最長72時間以内)に検察官が勾留請求をするのが一般的です。

逆に言うと、その時間内に検察官送致や勾留請求がなされなければ、被疑者の身柄は速やかに釈放されるということになります。

勾留請求が裁判官に認められてしまうと、延長含め最長20日間(逮捕後から通算で23日間)の身柄拘束を受けることになってしまうので何としても回避すべきです。

逮捕後の弁護士相談が早ければ早いほど、弁護士が取れる対応も増えて、早期釈放の可能性が高まります

無料相談予約をご希望される方はこちら

24時間365日!全国対応!
0120-631-276
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

刑事事件を弁護士に
相談する手順

流れアイコン1

① 電話やメールで弁護士事務所に連絡

特に逮捕されているケースの場合は、刑事手続きがスピーディーに進んでしまうため、早めの法律相談で弁護士側もスピーディーに対応していく必要があります。

流れアイコン2

② 事務所で法律相談

事件がすでに発覚しているのか、被害届は出されているのか、どこの留置場に入れられているのか、といった情報を整理しておくと、相談がスムーズに進みます。

流れアイコン3

③ 弁護活動の委任契約を締結

刑事事件は緊急性が高いため、弁護活動は早急に着手するべきですが、不安がぬぐえない場合は複数の弁護士に相談し、信頼できる弁護士を選ぶことが重要です。

流れアイコン4

④ 弁護活動への着手

早期釈放や不起訴処分、被害者との示談交渉といった弁護活動を、同時並行でスピーディーに行う必要があるため、経験豊富な弁護士に依頼することが重要です。

流れアイコン5

⑤ 事件解決

不起訴や無罪で終われば、前科はつかずに事件が平穏に解決します。起訴され有罪になった場合でも、罰金刑や執行猶予になれば、日常生活に復帰しやすいです。

無料相談予約をご希望される方はこちら

24時間365日!全国対応!
0120-631-276
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談