刑事事件に強い弁護士

示談書の書き方とは

「示談書をどうやって書いたらいいか分からない…」「示談書の内容がこれでいいのか不安」

示談書の書き方についてお悩みの方へ。示談においては、後々紛争が蒸し返されないようにすることが重要です。そのためには落ち度のない示談書を作成することが大事になります。

刑事事件示談交渉強い弁護士に相談して、示談書の書き方からサポートしてもらい、事件を解決しましょう。

示談書を書くとき、弁護士に相談した方がいいですか?

示談の締結は、一度限りの行為です。それだけに、いつ示談するのか、どのような示談をするのかを見極めることは非常に重要です。
そのため、示談の締結は、為すべき時に、為すべき示談を適切に行う必要があります。しかし、示談をする際に、多くの刑事事件では、弁護士しか被害者の連絡先を知ることができないため、加害者側本人が被害者の情報を調べ、独自に示談を締結することは困難です。
また、加害者側の本人が交渉に動くと、被害者の方から報復と勘違いされ、事件が深刻化する危険があります。
示談を締結する際には、示談の経験がある弁護士を通じて被害者の意向を汲み取りつつ、穏便かつ迅速に示談するよう留意する必要があるでしょう。

弁護士は示談書の書き方を教えてくれますか?

示談書を、日常生活の中で、何度も作成したことのある方はまずいないはずです。示談書の書き方を、インターネットや書籍で調べ、なんとなくその内容は分かっても、いつまでも「本当にこれでよかったのか」と不安が残ることも考えられます。
示談で最も重要なことは、後々紛争が蒸し返されないようにすることです。なんとなく“示談”のようなもので終わってしまっては、それに費やした努力は水の泡になりかねません。
また、示談は、交渉過程において、高い法的能力・交渉力が要求されます。示談するならこの道のプロに相談するのが、最も安全で安心な方法でしょう。そして、法律資格の中でも、弁護士はもっとも業務可能範囲が広く、幅広く依頼人の要望に応えることができます。示談をして民事上の争いに加え、刑事事件も解決したい場合、そのような示談書を作成したい場合には、弁護士に相談し、示談の書き方を聞きつつ、作成した示談書の確認を受けつつ進めていくことをお勧めします。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談