刑事事件に強い弁護士

弁護士が示談書を作成

「風俗トラブルで被害者の方と示談したいが、何から手を付けたらいいか分からない…」「示談書に何を書いたらいいのか」

示談のポイント示談書の書き方について知りたい方へ。示談とは事件の相手方と和解することを言い、示談書の内容が刑事事件の処分の軽重にもかかわることが多くあります。

刑事事件に強い弁護士に相談して、適切な示談書を作成し事件を早期解決しましょう。

刑事トラブルを起こしてしまいました。示談書を書きたいのですが、何を書けばいいか分かりません。どうしたらいいですか?

示談とは、事件の相手方と和解することを言います。
示談をする際は、一般的には、事件の相手方に相応の弁償金を支払い、「これで事件を解決する」旨を合意して、示談書を作成します。
示談は、刑事事件の解決に非常に有効です。しかし、示談といっても、内容によって刑事事件の解決に与える影響は様々です。示談書に何を記し、どのような示談をするかは、刑事事件の解決に大きな意味を持ちます。
示談の成否は、事件の行方に大きな影響を及ぼす示談は1回限りのチャンスなので、示談の内容、示談書に何を書いたらいいか分からないという場合は、迷わず弁護士に相談することをお勧めします。ため、経験豊富なアトムの弁護士にお任せ下さい。

弁護士に示談書を書くサポートをしてもらうことにはどんなメリットがありますか?

示談したくても、被害者側が、加害者との直接接触を拒むことは、大変よくあることです。示談しようにも、捜査機関ももちろん何も情報を与えてくれないので、被害者の連絡先も分からないまま、被害者の怒りが大きくなり、示談できないままに厳しい処分が下される恐れもあるのです。
しかし、弁護士なら、捜査機関から被害者の承諾を得て、その連絡先を聞き、示談交渉を行うことができます。弁護士になら教えても良いという被害者の方も大勢いますし、具体的な示談交渉も、間に弁護士が入ることで、双方が冷静に落ち着いて交渉を進められ、納得のいく結論にたどり着きやすくなります。
示談する際に弁護士が間に入ることは、加害者・被害者の双方にとって、事件の円満解決に役立つといえます。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談